県指定天然記念物シダ類植物群落とその生育地



イワダレヒトツバiwadarehitotuba1_thumb.jpg
県指定天然記念物のシダ類植物群落とその生育地は山北町
皆瀬川中流の市間橋付近に2箇所あります。橋までは車で行く
ことが出来ます。断崖植物群落の構成種であるイワダレヒト
ツバ(シダ類)は、主に中国北部に分布し日本ではごく限られ
た産地にのみ見られます。

山北町皆瀬川、市間橋付近の川岸の急斜面にはこのイワダレ
ヒトツバをはじめとした断崖植物群落が生息しており植物分布
上、貴重なシダ植物となっています。

天然記念物として指定されている詳細な場所は市間橋付近の字
蛇石と山北字長岩ですが市販の詳細な地図を調べても見つける
ことは困難です。一方は左岸、もう一方は右岸で橋から見えるほど
の距離の対岸の崖中腹です。この付近一帯は既に山の中です。
近くには山と川しかありませんので探索に出掛ける場合には必ず
複数人で、長靴、軍手持参で出掛けましょう。            
県指定の天然記念物には、共和蛇石が昭和44年12月2日に指定
され山北長岩が昭和53年6月23日に指定されました。

第一の生育地sida2_thumb.jpg
この断崖は、土壌の堆積がみられないため高等植物の
侵入もなく、しかも隣接する森林によって日照がさえぎら
れて半陰地が形成されており、ハコネシダ、マメヅタ、
ビロウドシダ、ノキシノブ、イワヒバなどの矯正シダ植物
による特徴的な断崖植物群落が発達しています。

第一の生育地は市間橋から西側の川の対岸崖上ですが、山林整備
事業や人の介入などにより既に、壊滅状態となっており、シダ植物
群落が見られなくなっているという残念な状況にあります。貴重な
生育地のPRと自然保護の為の立ち入り制限の狭間で具体的な
地域の紹介が微妙な地域です。なお、観葉植物として、園芸種の
イワダレヒトツバ自体はインターネットなどからも入手が可能です。
興味のある方はご確認下さい。

公共の交通機関で行く場合は、御殿場線「山北駅」から皆瀬川を
上流方向に徒歩で約45分。市間橋両岸の川岸崖上。
車利用の場合は御殿場線「山北駅」から県道76号線を御殿場方面
へ、県道725号線に入り皆瀬川を上流に向かって走ります。目的
地周辺となる市間橋は、山北駅から約15分です。

<関連HP>
『神奈川県立 生命の星 地球博物館の神奈川県レッドデータ生物調査報告書(イワダレヒトツバ);絶滅報告』